パパ活の体験談!奮闘記まとめ

パパ活の身バレした体験談!身内にバレないための注意点と対策まとめ

mibare

「パパ活をしたい、けど家族や友だちにはバレたくない!」

すっかりメジャーな言葉になったパパ活。でも身バレは絶対に避けたいですよね。身バレしたことが原因でトラブルにつながってしまうことも……。

自分は大丈夫だと思っていても、ちょっとしたミスで学校や職場に身バレしちゃうってのは珍しくありません。

そこで今回は、パパ活をするなら知っておくべき!
パパ活で身バレリスクを減らすための方法をお伝えします!

この記事でわかること

①パパ活で身バレした体験談
②身バレしやすいポイント
③身バレを防ぐ方法

パパ活とは

食事デート

パパ活は、女性が食事やデートの対価として経済的な支援をしてもらうこと。
援助交際と混同されがちですが、基本的には体の関係を持ちません。

パパ活って身バレするの?

パパ活で身バレ

身バレするのは大抵、自分自身のミス!

パパ活アプリや交際クラブが原因で身バレすることはほとんどありません。

よくある身バレの原因をご紹介します。

パパと一緒に写真を撮る

two_shot

写真を撮りたがるパパっていますよね。できれば二人で写真を撮るのは避けたいところ。

撮った写真をSNSに載せることで、(こんなパパがいるんだ)と不特定多数に想像させてしまいます。画像検索の対象になってしまうので、パパに自分のアカウントがバレてしまうことも。

自分でなく、パパがSNSに写真を載せてしまうことも考えられます。

場所がわかるような写真をSNSに載せる

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#銀座 久兵衛 行ってみたかったとこ!✨ #銀座 #久兵衛 #鮨 #肴 #大阪 #帝国ホテル

shizuさん(@pretty_madonna0420)がシェアした投稿 –

普段は行けない高級店だから、ついSNSに投稿……。高級店は全国展開しているチェーン店ではありません。場所を特定するのは簡単です。

繰り返すことでパパ活をしているエリアを把握されてしまい、個人の特定へつながる可能性もあります。

パパ活女子のSNSをチェックしているパパも増えています。写真からアカウントがバレ、プライベートを知られてしまうこともあるので十分注意しましょう。

 

パパに個人情報を教える

個人情報

パパに個人情報を教えると、トラブルに発展してしまうことがあります。

・大学を教えたら、パパ活を大学にバラすと言われてしまう。
・最寄り駅を教えたら、駅で待ち伏せされる。

良い関係だから教えても大丈夫だと油断しないようにしましょう。実際に、パパ活が原因の事件も発生しています。

 

SNSに誰かと会っているようなツイートをする

誰かと会う・会っていることを連想させるような匂わせ投稿はNG!

とくに高級店の写真などは「なんで行けるの?」と嫉妬も招きます。匂わせ投稿は人から興味を持ってもらえますが、身バレのリスクも高くなります。

身内とつながっているアカウントは特に注意が必要です。
パパ活してる? 援交してる? など、あることないことで噂をされてしまう可能性もあります。

 

友人、家族、自分の生活圏内でパパと会う

生活圏

離れたところまで行くのが面倒だからと、パパ活を近場でやろうとしていませんか?
生活圏内でパパ活をすると、パパと会っているところを見られてしまうことがあります。

自分だけでなく、家族や友人の生活圏内でパパ活をしてバレてしまうことも……。自宅周辺、学校・会社周辺など、気をつけるべきポイントは多くあります。

友人に言う

内緒

パパ活が成功すると、人に言いたくなってしまいますよね。
でも「口が堅いから」「信用しているから」と友人に話してしまうのは考えもの。
その友人が、別の友人に「口が堅いから」と話してしまうかもしれません。

内緒話を本当に内緒にしておける人はあまりいません。一人に話しただけのつもりであっても、噂が広まり生活に支障が出てしまうことも考えられます。

 

失敗した体験談

パパ活がバレたことが原因でトラブルになってしまった体験談を2ケースご紹介します。

失敗女子

大学の中で身バレしちゃった体験談

パパ活が大学でバレちゃいました。

年上の人と付き合ったことがなく、パパと長く関係を続けられなかったです。そこで、年上彼氏がいる大学の友人に相談してみようかな、と。

口が堅そうだし大丈夫だろうと思っていたのに、これが大失敗。
もちろん「誰にも言わないでね」と言ったし、友人も「言わない!」と約束してくれてました。

アドバイスもくれて、たまにパパの相談もすることに。始めは何も感じなかったのですが、しばらくするうちに周りの視線が変になってきて。

決定的だったのが、同じ大学の知り合いのツイッター。「パパ活やってる女がいて~」みたいな投稿。

なんとなく気になったのでフォローをチェック。案の定、相談した友人のアカウントが…。そこで私のことをバンバン投稿してました。

名前なんかは出してませんでしたが、知ってる人が見れば明らかに私と分かる内容。友人を問い詰めてアカウントごと削除させましたが、噂はすっかり広まっていました。なんでリアルの友人に相談なんかしちゃったのかなーと、いまだに後悔してます。

 

家族に身バレしかけた体験談

家族にバレないように、自宅からも職場からも離れたところでパパ活をしていました。

けっこう念には念を入れていたつもりだったので、半年くらい続けてたけどトラブル無し。そういうこともあって、ちょっと油断していたのかもしれません。

新規パパとの顔合わせで指定されたのは、いつものパパ活エリアとは別の場所でした。気分転換になって良いかな~と、深く考えないで待ち合わせをしてパパと合流。

お金持ちそうだったので、ベタベタした感じで接してました笑

ところが、そんな私たちを父親に見られてしまっていたみたいです。帰宅後すぐに両親から、援交とかやましいことをしてるのか、と問い詰められました。

あとから知ったのですが、そこは父親の営業先の近く……。

相手は職場の上司だと言って、その場はなんとかごまかしたものの、疑いは晴れないまま。今でもちょっと遅く帰るだけで親から変な目をされてます。

自分のせいだとはいえ、パパ活しづらくなったし最悪です。

身バレしない方法まとめ

身バレ

パパ活を安心して続けるなら身バレは絶対避けるべき!

・SNSにむやみに写真を載せない
・匂わせは避ける
・パパに個人情報を教えない
・生活圏内でのパパ活は避ける
・誰にも言わない

基本的なことはこの5つ。
身バレしてしまう原因は、ほとんどの場合が自分のミスです。
今回ご紹介した方法を参考に、身バレしないパパ活を目指しましょう!

 

※パパ活の注意点※
男性と食事や買い物のデートで、体の関係がないものをさします。
体の関係があり男性からお金をもらう場合、売春(=援助交際)となり違法行為です。

TOP